在庫削減

  1. 【物流センター  5つの機能】 第4回 VMI(Vendor Management Inventory)

    VMI (Vendor Management Inventory)前回の記事今回はVMIについてご紹介させていただきます。VMI(Vendor Managed inventory)はベンダー主導型の在庫管理を意味します。

  2.  【物流センター  5つの機能】 第1回 CD(Cross Docking)

    CD(Cross Docking)こんちには。谷口運送㈱ 営業部 小林です。今週から5回に分けて、谷口運送藤沢営業所 5つの機能について話させていただきます。

  3. ≪コストを削減する≫第五回【谷口運送の5つのソリューション】

    コストを削減する「コストを削減」するには全体最適の考えが必要です。特に、社内物流費を外注に切り替えると、支払いが発生し目立ちますので実施しにくい現状があります。社内で物流に携わっていた人員をいかに本業に活かせるかを考える良い機会かもしれません。

  4. ≪在庫を減らす≫第三回【谷口運送の5つのソリューション】

    在庫を減らす「在庫」は企業にとってさまざまな面で経営を圧迫します。適正な在庫をもつことは企業の使命ですが、余裕をもつことがエスカレートして在庫過剰になることが、恒常的に発生するケースが散見されます。

  5. A社様の搬送費コストダウンに貢献しました。

    コンテナ貨物に要検査品が含まれた状態で週1回入庫し、デバンニング後 要検査品だけをA社様へ搬送していました。こちらをA社様 既存の輸入コンテナ貨物へバンニングの際、取り入れる様提案しました。

  6. お客様の社内把握在庫と谷口運送WMSを活用したシステム在庫の情報共有をしています。

    急な追加指示に対して在庫がいくつあるのか在庫把握が困難となっていました。そこで毎週 1回(月曜日)WMSを活用し、入庫数量・出荷数量の報告を送ることを提案しました。

  7. 工場に近隣している為、ライン納入までのリードタイム短縮に貢献しました。

    お客様はA工場とB工場の二つの拠点より納入を依頼され、I社様への納入がジャスト・イン・タイムでの依頼であると同時に、多数の納品先(少量搬送依頼による搬送費増)や緊急な対応にも納入するまでに時間を要する問題がありました。

  8. 藤沢物流センターの活用事例③VMI(ベンダーマネイジドインベントリー)

    G社様、F社様では取扱商品が特殊で1か所で大量の在庫が保持できない、納品先が遠方にある、納品先の生産波動があるなど適正な在庫の把握が困難でした。当社のVMI倉庫を活用し、納品先の発注情報を当社も共有し、また当社にある在庫情報を随時共有することで適正な在庫量の維持が可能。

  9. 藤沢物流センターの活用事例②TC(トランスファーセンター)

    従来、S社様は自社工場で多くのアイテムをI社様、J社様、K社様の3社へそれぞれ仕分けし、小ロットで納品をしていました。そこで当社の藤沢物流センターへ総量出荷をし、以降当社が行先別に仕分け作業をし、出荷・納品までを委託していただきました。

  10. 物流センターの作業導線を考えてみた!?

    谷口運送の藤沢物流センターは、倉庫として様々な機能を持っています。

ページ上部へ戻る