谷口の130年

1890年 (明治23年)

東京都墨田区に谷口回漕店として創業、いすゞ自動車(株)の前身である東京瓦斯電気工業(株)、石川島重工業(株)の原材料運送、機械移動、据付作業に始まる。

s24-1

    初代社長 谷口吉之介

m231

   (大正10年 正月風景)

1915年 (大正 4年)

JR大森駅前に店舗を移転、谷口運送店と改称

1933年 (昭和 8年) 

自動車工業株式会社(後の東京自動車工業株式会社、現在のいすゞ自動車株式会社)の材料輸送、機械移動を開始する。

s8-1

     (昭和初期)

1938年 (昭和13年)

いすゞ自動車株式会社 川崎工場(旧川崎製造所)稼働

1941年(昭和16年)12月 ~1945年 (昭和20年) 8月 太平洋戦争

1949年 (昭和24年)

谷口運送株式会社を設立。

1950年 (昭和25年)

当時の谷口運送会株式会社社屋と記念すべき第1号大型トラック(TX40型5トン/五方開き)と第1号小型トラック

s25-1

s25-2

1950年代

いすゞ自動車株式会社は、1953年に英国のルーツ・モータース社と提携し、同年10月から大森工場(現在のいすゞ本社・大森ベルポート)で、ヒルマン・ミンクスのノックダウン生産を開始。生産開始時はタイヤ、バッテリー以外は英国からのノックダウン品。徐々に各部品の国産化が進められた頃から谷口運送は部品を搬送していた。 写真はヒルマン生産10,000台突破記念式典

s26-1

s26-4

s26-7

s26-10

s26-13

s26-17

s26-2

s26-5

s26-8

s26-11

s26-14

s26-18

s26-3

s26-6

s26-9

s26-12

s26-15

s26

s26-191

s26-201

s26-21-0

ヒルマン生産20,000台突破の記念写真

s26-22-0

s26-23-0

ヒルマン生産25,000台突破の記念写真

s26-26

s26-28-0

s26-29-0

s26-27

s26-32

s26-30

s26-33

s26-31

s26-34

1955年 (昭和30年) ~ 高度経済成長期

1961年 (昭和36年)

神奈川県大和市下鶴間に大和営業所を設置

s36-1

大和営業所 1995年(平成7年)撮影

1961年 (昭和36年)

いすゞ自動車株式会社 藤沢製造所(現藤沢工場)開所

1962年 (昭和37年)

神奈川県藤沢市菖蒲沢に藤沢営業所を設置

s37-1

s37-5

s37-8

s37-3

s37-4

s37-7

  藤沢営業所

s37-2

s37-6

1965年 (昭和40年)

藤沢倉庫の作業場で労働時間の合間を縫って、とびきり愉快な仲間たち。

S40-11

S40-2

1966年 (昭和41年)

神奈川県川崎市小島町に川崎営業所を設置

s41-1

1967年 (昭和42年)

安田竹雄社長継承20周年記念祝賀会(当時大森海岸に存在した「割烹 福久良」において)

s42-3

s42-4

1967年 (昭和42年)

当時の藤沢営業所の車両勢揃い。キャリアカーが幅をきかせた。

s42-2

s42-1

1971年 (昭和46年)

栃木県栃木市大平町に栃木営業所、千葉県市川市に市川営業所、埼玉県川越市に埼玉営業所を設置

s46-1

栃木営業所 1995年(平成7年)撮影

s46-2

市川営業所

s52-1

栃木営業所 1977年 (昭和52年) 撮影

s46-3

埼玉営業所 1983年(昭和58年)撮影

1972年 (昭和47年)

いすゞ自動車株式会社 栃木製造所(現栃木工場)開所

1972年 (昭和47年)

まだ目立ったビルがあまりなかった大森駅前の大きな敷地内に谷口ビルを建設。昭和46年3月に地鎮祭が厳かにとり行われ、その時の鍬入れは、故・安田竹雄会長の手で行われた。そして、翌昭和47年10月に竣工し、本社事務所を移転。

s47-1

       施工中

s47-2

      谷口ビル完成

1973年 (昭和48年) ~ 安定成長期(バブル期含む)

1973年 (昭和48年)

いすゞ自動車の輸出梱包木箱を谷口運送のトラックに積み、港まで搬送。目的地は本牧埠頭。

s48-1

s48

1974年 (昭和49年)

いすゞ自動車から中型車初のAT車が発売され、大和営業所においてキャブ搬送。

s49-1

大和営業所 1976年(昭和51年)撮影

s49-2

s49-31

1983年 (昭和58年)

神奈川県藤沢市遠藤2005-9に梱包工場を設置

s58-1

 梱包工場 1995年(平成7年)撮影

1986年 (昭和61年)

川崎市川崎区東扇島に京浜物流センターを設置

s61-1

京浜物流センター

1988年(昭和63年)

川崎営業所を川崎市川崎区東扇島13-4に新築。川崎市川崎区小島町から移転し、営業所業務を開始。

s63-1

s63-2

1990年 (平成 2年) 撮影

s63-3

1995年 (平成 7年) 撮影

1989年 (平成元年)

9月、横浜ベイブリッジが開通し、川崎から本牧までの所要時間が片道15~20分短縮。

h1-1

1991年 (平成 3年) ~ 冷戦後の経済変革期

1995年 (平成 7年)

宮城県村田町に宮城営業所設置

h7-1

1996年 (平成 8年)

8月、谷口運送で初のウィングトレーラーが栃木営業所に2台納車された。従来のカーテン車に比べ、部品のサビの心配が解消。

h8-1

2002年 (平成14年)

栃木営業所を栃木県栃木市大平町西水代から栃木県栃木市大平町伯仲に新築建て替え移転。

h17-1

2004年 (平成16年)

藤沢営業所を建て替え、藤沢物流センターを併設。

h16-1

h16-2

h16-3

2011年 (平成23年)

4月、本社事務所を東京都品川区南大井6-28-11谷口ビル6階から東京都品川区南大井3-28-15祐ビル7階に移転。

h23-1

2011年 (平成23年)

9月、谷口運送で初のバラ積緩和ウィングトレーラー3軸車(リフトアクスル車)が納車された。従来は20トン超の搬送にトラック2台のところ1台で可能になり、輸送効率がアップしました。

h23-2

h23-3

ページ上部へ戻る