在庫削減

  1. 藤沢物流センターの活用事例③VMI(ベンダーマネイジドインベントリー)

    G社様、F社様では取扱商品が特殊で1か所で大量の在庫が保持できない、納品先が遠方にある、納品先の生産波動があるなど適正な在庫の把握が困難でした。当社のVMI倉庫を活用し、納品先の発注情報を当社も共有し、また当社にある在庫情報を随時共有することで適正な在庫量の維持が可能。

  2. 物流センターの作業導線を考えてみた!?

    谷口運送の藤沢物流センターは、倉庫として様々な機能を持っています。

  3. 特殊鋼の保管 *見直し

    特殊鋼のような素材・鋼材の供給は、製造業のサプライチェーンにおいて最も川上に位置している重要な役割です。

  4. 海外調達品輸送の改善 

    輸入貨物~横浜CFSからの搬送これまで商社様に海外から国内組立工場への部品輸送を一貫して任せていたことにより、納期遅れなどトラブルが多発していました。それを防ぐために、在庫を増やすことで対応していたためにコスト高になっていました。

ページ上部へ戻る