ブログ

  1. 第1回物流センター見学会を実施しました

    当ホームページでご紹介してます様に、谷口運送は地域戦略として物流センターに6つの機能を持たせて運用しております。

  2. 塗装品の搬送積載量の向上になりました。

    谷口運送物流センターへS社様倉庫にある在庫をピッキングせずに塗装品荷姿のまま谷口運送物流センター納入へ、変更を行いました。S社様倉庫にある在庫をピッキングすることにより、新潟県から搬送するトラックの荷物の量が増えてしまうことに問題が生じていました。

  3. お客様に納入時間の変更を提案し、コスト削減を実現しました。

    A工場からB工場まで鋼材を搬送する定期便がありました。B工場の近隣のC工場へ500㎏程度納入する案件がでてきました。ただし、C工場には納入時間指定がありました。定期便に混載することを提案し、納入時間の範囲を広げていただきました。

  4. お客様に弊社営業所の空きスペースを駐車場としてご利用いただきました。

    トレーラー4台分の駐車場を探されているお客様がいました。弊社の営業所の空きスペースを提案し、駐車場として利用いただくことになりました。

  5. 精密機械納期調整保管&輸送

    プラント関係の精密機械は、納期・品質について非常に高い精度を求められます。しかしながら、工期との兼ね合いや、予期せぬ事態によりお客様の納期に止むを得ない影響が生じてしまうことが有ります。

  6. 藤沢物流センターの活用事例④PC(プロセスセンター)

    部品商社のK社様では、複数の部品メーカー様から部品を仕入れユーザーへ納品をしていましたが、部品を袋詰めし納品する必要になりましたが、仕入れ先が多くまた発注内容が複雑なため、品質の維持が困難、管理が煩雑化していました。

  7. 藤沢物流センターの活用事例③VMI(ベンダーマネイジドインベントリー)

    G社様、F社様では取扱商品が特殊で1か所で大量の在庫が保持できない、納品先が遠方にある、納品先の生産波動があるなど適正な在庫の把握が困難でした。当社のVMI倉庫を活用し、納品先の発注情報を当社も共有し、また当社にある在庫情報を随時共有することで適正な在庫量の維持が可能。

  8. 藤沢物流センターの活用事例②TC(トランスファーセンター)

    従来、S社様は自社工場で多くのアイテムをI社様、J社様、K社様の3社へそれぞれ仕分けし、小ロットで納品をしていました。そこで当社の藤沢物流センターへ総量出荷をし、以降当社が行先別に仕分け作業をし、出荷・納品までを委託していただきました。

  9. 藤沢物流センターの活用事例①CD(クロスドッキング)

    従来は、神奈川県近郊の15社の部品工場様からI社様の愛媛県松山市の工場まで、別々に15台のトラックで少量の部品を長距離輸送しておりました。

  10. 貨物振動実験の輸送に参加させて頂きました

    お客様が新規で導入を検討されている、貨物の輸送中の振動による影響をチェックするトライアル輸送に谷口運送の大型ウィング車が起用されました。実は昨年に一度輸送実績の有るもので、前回の輸送サービスを高く評価して頂き、今回の再受注となりました。

ページ上部へ戻る