精度向上

  1. 【谷口運送 6つの輸送サービスメニュー】第4回:鋼材他重量物輸送

    第4回:鋼材他重量物搬送前回の記事http://www.taniguchi-unso.co.jp/?p=50284回目は、鋼材他重量物搬送についてです。

  2. ≪コストを削減する≫第五回【谷口運送の5つのソリューション】

    コストを削減する「コストを削減」するには全体最適の考えが必要です。特に、社内物流費を外注に切り替えると、支払いが発生し目立ちますので実施しにくい現状があります。社内で物流に携わっていた人員をいかに本業に活かせるかを考える良い機会かもしれません。

  3. ≪ピッキング精度をあげる≫第四回【谷口運送の5つのソリューション】

    ピッキング精度をあげる会社によって、ピッキングする商品はいろいろあります。本、CD、衣料品、日用雑貨や、食品、酒類、生鮮食料品など。ピッキングする商品の違いが、そのまま作業の違いになっています。前回の記事こんにちは、谷口運送の金子です。

  4.  《物流をアウトソーシング》第二回【谷口運送の5つのソリューション】

    第二回 物流をアウトソーシングアウトソーシングが定着した近年では、対象業務が給与計算などの人事、経理、営業、販売促進などあらゆる業務分野に広がっており、たんにコストを削減する目的から社外の高度な専門スキルを活用することで、自社の中核事業を拡充するなど目的に広がりが出てきていま...

  5. 《§4 企業の物流戦略》第4回【自動車メーカー&サプライヤー目線で物流を考える~時代の変化を見据えた長期的戦略~】

    §4 企業の物流戦略  こんにちは、谷口運送の小林です。全4回でお伝えしてきましたBlogは今回で最終回になります。

  6. 《Logistics 4.0がもたらすイノベーション》第3回【自動車メーカー&サプライヤー目線で物流を考える~時代の変化を見据えた長期的戦略~

     §3 Logistics 4.0がもたらすイノベーション前回Logistics4.0とは、高度なシステム化と技術化が進み、また倉庫にロボットや自動運転が導入され、RFIDやドローン等の先端技術の導入、そして、AIが研究、活用が検討された時代に突入したと説明...

  7. 第2回【自動車メーカー&サプライヤー目線で物流を考える~時代の変化を見据えた長期的戦略~】

    物流業界にもメーカー同様に、時代と共に様々な新しい技術が導入されています。前回の記事では物流業界についてのイメージについて書かせて頂きました。

  8. A社様の売上拡大に貢献しました。

    谷口運送物流センターは大手自動車会社の目の前に位置し、時間納入を行うRDCの機能を担っています。A社様が大手自動車会社の急なボリューム増への対応をすることになってしまいました。

  9. お客様の要望に沿った梱包形態や養生荷揃えをご提供しました。

    お客様の製品は精密機械であり、衝撃に弱い製品であることから搬送には注意が必要とされていました。そこで少しでも衝撃を和らげる為、段ボール梱包の際、緩衝剤を入れ衝撃を和らげる梱包手段を提案しました。お客様にとってのお客様に「おもてなし」のサービスを。

  10. A社様の売上拡大に貢献しました。

    谷口運送物流センターは大手自動車会社の目の前に位置し、時間納入を行うRDCの機能を担っています。N社様が大手自動車会社の内示情報や生産状況に波動があり、内示情報を基に発注生産したが波動に左右され、在庫を多く抱えてしまった問題が発生しました。

ページ上部へ戻る