作業

  1. お客様のご依頼荷姿(段ボール⇒鉄パレット)へ変換し、工場へジャスト・イン・タイムで納入。

    中国から部品を輸入し、港からコンテナで谷口藤沢物流センターへ搬入。段ボール梱包のままデバンニング作業を提供してます。バンデッキが無くてもフォークリフトとハンドリフターで荷卸し(デバンニング)が対応可能です。谷口運送WMSを活用し在庫管理を提供しています。

  2. 第1回物流センター見学会を実施しました

    当ホームページでご紹介してます様に、谷口運送は地域戦略として物流センターに6つの機能を持たせて運用しております。

  3. 塗装品の搬送積載量の向上になりました。

    谷口運送物流センターへS社様倉庫にある在庫をピッキングせずに塗装品荷姿のまま谷口運送物流センター納入へ、変更を行いました。S社様倉庫にある在庫をピッキングすることにより、新潟県から搬送するトラックの荷物の量が増えてしまうことに問題が生じていました。

  4. 精密機械納期調整保管&輸送

    プラント関係の精密機械は、納期・品質について非常に高い精度を求められます。しかしながら、工期との兼ね合いや、予期せぬ事態によりお客様の納期に止むを得ない影響が生じてしまうことが有ります。

  5. 藤沢物流センターの活用事例④PC(プロセスセンター)

    部品商社のK社様では、複数の部品メーカー様から部品を仕入れユーザーへ納品をしていましたが、部品を袋詰めし納品する必要になりましたが、仕入れ先が多くまた発注内容が複雑なため、品質の維持が困難、管理が煩雑化していました。

  6. 藤沢物流センターの活用事例③VMI(ベンダーマネイジドインベントリー)

    G社様、F社様では取扱商品が特殊で1か所で大量の在庫が保持できない、納品先が遠方にある、納品先の生産波動があるなど適正な在庫の把握が困難でした。当社のVMI倉庫を活用し、納品先の発注情報を当社も共有し、また当社にある在庫情報を随時共有することで適正な在庫量の維持が可能。

  7. 藤沢物流センターの活用事例②TC(トランスファーセンター)

    従来、S社様は自社工場で多くのアイテムをI社様、J社様、K社様の3社へそれぞれ仕分けし、小ロットで納品をしていました。そこで当社の藤沢物流センターへ総量出荷をし、以降当社が行先別に仕分け作業をし、出荷・納品までを委託していただきました。

  8. お客様より品質管理賞を頂きました

    2016年11月4日、坂戸グランドホテルに於いて、愛光協力会にて愛光殿方針説明会と品質連絡会が開催され、その会の中で、弊社藤沢物流センターは11月4日現在、約6年以上となる2,266日間現品相違0件を継続おり、その貢献と積極的品質管理活動に対し、㈱愛光殿より品質管理賞と金一封をいただきました...

  9. 日本初上陸 仏サーカスの輸出入をお手伝いさせて頂きました

    極限まで洗練されたアーティスティックなセットの中、空中のみでパフォーマンスを行う、全く新しい「ヌーヴォー・シルク」。“シルク・ドゥ・ソレイユ”の世界的成功で一躍メジャーになった、新しい芸術ジャンル「ヌーヴォー・シルク(新しいサーカス)」。

  10. 梱包ケース腰下の仕様変更をお客様に提案

     谷口運送では、海外向け貨物の工場バンニングを、各拠点で毎月約1,000コンテナー程作業しております。しかしながら日々唯作業しているのではなく、常に「作業方法に改善の余地は無いか」という意識を以って作業に従事しております。

ページ上部へ戻る